【結論メンタル】元ヘビースモーカー鉄板の禁煙メソッド【寿命伸ばそう】

どんな人でも禁煙する方法の結論

いきなりですが、結論からいきます。

どれだけ吸いたくなってもタバコを吸わないこと。

これが禁煙の結論です。

どれだけ吸いたくなっても、例えば、お酒の席だったり、ラーメンを食べた後だったり、冬に外でコーヒーを飲んでいた時だったとしても、どれだけ吸いたいと思ったとしても、

たばこを吸わない事です。

ふざけてんのかって思った方も、もう少し読んでください。ふざけてないです。

これを今回は深掘りしていきます。

※時間がない人は、とりあえず『未来のあなたが後悔すること』を先に読んでください。

一刻も早く禁煙すべきな理由

実際、この記事を書いてる僕自身もかなりヘビースモーカーでした。でも、

禁煙は身体に悪い。とか、

タバコ吸わないストレスの方が身体に悪い

とか、色々言って誤魔化していました。

正直それも一理あるって思っていた時期もあります。タバコ吸って悪くなる事なんて、ちょっと咳が止まらなかったり、ちょっと痰が絡むくらいです。

それでタバコを吸えるなら全然安いものだと考えていました。めっちゃ美味いですよねタバコって。わかります。

でも、それはあくまでも短期的な弊害の話。

こんな事今更わざわざ言わなくてもみんな知ってる話ですが、タバコ吸って得することって、本当に一つもないんです。

肺がんのリスク、咽頭がんのリスク、肺炎、心筋梗塞、脳卒中のリスクなどの病気のリスクはもちろんありますし、

口が臭いって言われる、服が臭いって言われる、非喫煙者と飲み会行くと気まずい、実はモテない、喫煙者で許されるのは大学生がピーク、お金がかかる、歯が黄色くなる、ご飯が美味しく食べられない、っていう目に見えない弊害もたくさんあります。

いや、病気になる危険性があるのなんてわかってるけど、それでも好きだから吸ってんだよって人も多いと思います。

でも、一旦ここで考えてみてください。

お金払ってまで人に臭いって言われるのバカらしくない?

お金払ってまで歯が黄色くなんのバカらしくない?

ていうか、お金払って病気のリスクを高めるの、バカらしくない?

どうでしょうか。

僕も体験したのでわかりますが、

一回タバコを吸うのがどんだけ愚かか気づけばすぐやめようってなるんですが、割と目をそらすんですよね。

今は大丈夫じゃんって。今は咳もそんな出ないし歯も白いしって。てかタバコ美味くね?吸いに行こうぜって。

でも、お金は払ってますよね?

タバコ吸わないなら、お金も払わないし上記のリスクや弊害もありません。

簡単に肺がんのリスクが高まるって言ってますけど、それ一つ取ってもすごいことです。お金払ってわざわざガンのリスクを上げてるんですよね。

あと、誤解されてる方が多いので説明しておきますが、タバコによるガンのリスクって、普通に20代とかでも全然変わってきますからね。

60代とか70代になってからの話じゃないです。普通に30〜40代くらいでも死にます。ガンで。

ただ、もうこれは運ゲーとしか言えない所もあるので、タバコを1日二箱とか吸ってても90歳位まで大往生する人もいれば(僕のじいちゃんはこのタイプでした)、

健康にすごく気を使っていても不慮の事故で若くして亡くなる方もいるので一概には言えません。

未来のあなたが後悔すること

寿命を延ばすっていう観点で考えれば、禁煙して長く生きた方が断然、得です。

それは、長生きすればするほど、もっと長く生きられる確率が上がるからです。

少しイメージして欲しいんですが、例えば今の医療と30年後の医療は全くレベルが違うってことは容易に想像つきますよね?

じゃあ、50年後はどうでしょうか。

おそらくもっともっと発展していると思います。

つまり、

自分の努力で寿命を少しでも伸ばせば、もし本当に治療を受ける必要に迫られた時により質の良い発展した医療を享受できるんです。

そういう意味でもマジでタバコなんて吸ってる場合じゃないです。

人生100年時代って最近言われていますが、個人的には今の30代くらいまでの世代の人達は実際もっとずっと長く生きられるんじゃないかと思ってます。

未来のあなたが後悔しても、その時にはもう遅いです。今から行動しましょう。